有酸素運動と無酸素運動を上手に取り入れていくことが大切

有酸素運動と無酸素運動を上手に取り入れていくことが大切

 

運動には有酸素運動と無酸素運動があります。有酸素運動というのは、酸素を取り込みながら運動をすることです。酸素を取り込みながらというのは、しっかり呼吸をしながらということですね。酸素を使って脂肪や糖質を燃やすことが出来るので、有酸素運動と呼びます。つまりウォーキングやジョギング、水泳などがその代表的なものになるでしょう。

 

反対に無酸素運動というのは、瞬発力が必要になる運動で、筋トレなどがその代表的なものです。どちらも運動には変わりないのですが、有酸素運動は、糖質や脂肪を燃やす効果があるのに対して、無酸素運動は、糖質だけを燃焼します。

 

中性脂肪を燃やすためには、有酸素運動をしよう

 

運動をしようと決めたなら、脂肪を燃やす効果のある有酸素運動をするのがおすすめです。ただ運動にも効果的なやり方というのがあります。体への負担を考えて自分が続けけられる運動をすればいいのですが、その運動を継続する時間が大きなカギを握ります。
なぜなら、運動をしても、始めは糖質の燃焼から始まり、脂肪の燃焼は、運動を始めて20分くらいまでは行われないからなのです。そのため出来るだけ続けられる運動を選択することが一つのポイントです。

 

無酸素運動は全く中性脂肪を下げるために効果はないの?

 

無酸素運動は筋トレのような運動のことをいうと述べました。筋トレをすると筋肉量が増えることが期待できます。筋肉量が増えると基礎代謝が上がります。代謝が上がると身体の脂肪が燃えやすくなりますし、それに運動をプラスすると体脂肪率を下げることも可能です。また皮下脂肪を落として筋肉量を増やすことが出来るので、中性脂肪にも影響します。

 

・まとめ

 

運動をすることは、体の健康を保つために良いことです。年齢を重ねると脂肪がたまり筋肉量が減り、背中が曲がり足腰の関節が弱くなるということも、運動を継続することで、良い状態で維持することが出来るのです。
また中性脂肪のことを考慮すると有酸素運動と無酸素運動を上手に取り入れていくことが大切です。自分で出来る範囲で継続することが大切です。