便秘解消に良い野菜とその特徴

便秘解消に良い野菜とその特徴

便秘解消に良い野菜とその特徴をまとめていきます。
まず、便秘解消に効果的な栄養素としてあげられるのが、食物繊維ですよね。
食物繊維は、最近では5大栄養素に加え、第6の栄養素として注目を浴びている栄養素なんですよ。

 

その食物繊維が豊富に多く含まれている野菜が、便秘解消を効率的に行ってくれる野菜、となります。
それがこちらになります。

 

ごぼう、モロヘイヤ、アボガド、オクラ、さつまいも、にんじん、里芋、ニラ、切り干し大根です。
こちらの野菜が特に食物繊維を豊富に含有しています。

 

どれも一般的にすぐ入手可能ですし、料理にも使えわれやすい野菜ですね。
特に、根菜類が多いです。

 

また、これらの野菜は食物繊維を中心に、大きく2種類に分けることができます。
それは、水溶性食物繊維と、不溶性食物繊維です。

 

それぞれの特徴ですが、水溶性食物繊維は、便に水分を多く含ませて、適度な柔らかさにし、腸内ですべりやすくします。
不溶性食物繊維は、腸内の汚れをかき出すお掃除役です。便のかさ増しをする効果もあります。

 

上記であげた野菜の中で、水溶性・不溶性食物繊維のバランスが良いのはアボガド、にんじん、里芋です。
水溶性食物繊維の割合が多いのは、モロヘイヤ、オクです。

 

そして、不溶性食物繊維の割合が多いのは、ごぼう、さつまいも、ニラ、切り干し大根になります。
水溶性・不溶性食物繊維、どちらかを多く摂取するのではなく、両方をバランス良く摂取することが重要です。
便秘解消を効率的に行うためには、両方摂取できるような野菜の選び方をしなければなりません。

 

また、上記の野菜を使用して、美味しく、効率良く食物繊維を摂取する調理方法として、良くあげられるのがスープ類です。
スープにすることで、水分といっしょに摂取できる上、身体を温めてくれる効果もあります。

 

また、野菜は焼いたり加工したりすることでその栄養素が焼失していく傾向がありますが、
スープにすることで、栄養素はスープ内にとけ込みますし、
摂取方法としても効率的といえます。