ムキっとスラッとかっこよく美しくなるトレーニング

ムキっとスラッとかっこよく美しくなるトレーニング

 

ムキっとスラッとかっこよく美しくなるトレーニングをしましょう。
綺麗に痩せるには栄養も重要です。

 

 

筋トレをしようと思ったとき、とりあえずプロテインを飲んで沢山トレーニングをすればよいのだろうと考えることもあるかもしれません。しかしただ闇雲にトレーニングをしても効果的に筋肉をつけることはできません。体を動かすよりも先に、筋トレに関する基礎知識をつけておくことが大切です。まず筋トレの回数についてですが、実は沢山やれば良いというものではありません。

 

 

負荷が軽い状態で沢山やっても筋肉を鍛えることはできず、反対に負荷をかけすぎて1回しか出来ないというのも効率がよくありません。腕立て伏せを100回行うよりも、適切に負荷をかけて10回程度行うほうが効果的なのです。初めのうちは自分の適性回数や負荷がわからないと思うので、少しずつ試して自分にあっている回数や負荷を探しましょう。

 

 

一度に行う回数が少なめな代わりにセット数を増やすというのもポイントです。筋肉というのは少し休んだだけである程度回復するため、少ないセット数では満足に疲労させることができない場合があります。そのため最低でも3セット以上はこなすのが良いとされています。しかしこれは鍛えたい部位によっても異なるため、すべての部位で同じ回数とセット数にすれば良いというわけではないということは理解しておく必要があるでしょう。また、回数や負荷はある程度こなしていると体が慣れてくるため、その都度見直してあげると良いですね。そして意外と知られていないのが筋トレは毎日行ってはならないということです。

 

 

これは筋肉の超回復というものが関係しています。超回復とはトレーニングをしてから2、3日ほど休ませる時間をとることで筋繊維を成長させることです。筋トレをすると筋繊維が傷つくのですが、その傷ついた状態で休みを入れてあげることによって、その傷つく原因となった負荷に耐えられるくらい強くなろうとする力が働きます。

 

 

結果以前よりも筋繊維が太くなり、筋トレを効率よく行うことができるようになるのです。毎日同じ部位をトレーニングすると休む時間がなくなるので効率的ではないため、毎日行ってはいけないのですね。もし毎日筋トレをしたいといった場合にはその都度鍛える部位を変えてあげましょう。ちなみに超回復はその時に感じた負荷に耐えられるように強くなるといった説明をしましたが、だからといって強度の高いトレーニングをすればそれだけ早く筋肉が付くというわけではありません。

 

 

強度が高いトレーニングは回復時間がかかってしまうので通常よりも長く休ませる必要がありますし、だからといって成長率が上がるわけではないのです。筋トレを始めたばかりというのはついつい沢山トレーニングをしたくなるものですが、がむしゃらにトレーニングをするよりも自分に合った負荷や回数を知り、超回復を活用したほうがより効果的に筋肉をつけることが可能です。筋トレだけでなく食事やプロテインなどで栄養を摂取することも大切ですので、まずはしっかりと知識を付けて効率よくトレーニングをし、憧れの体を手に入れたいものですね。

 

 

ムキムキでも、ガリガリでもない、美しくスラっとした身体を手に入れましょう。

 

ダイエット中ならクイーンズスリムHMBを摂取しましょう。効率アップしますよ。